【ねこ初心者】はじめての猫を飼ったから分かる猫を飼うことのデメリット

はじめての猫の飼い方

はじめての猫を飼ったから分かる

猫を飼うことのデメリット

猫を今まで飼ったことがない人にとって、猫を飼うということを想像するのは難しいでしょう。私も猫だけでなく動物を今まで飼ったことをなく飼い始めるまでは「本当にこの命を預かっていいのだろうか」「お世話できるだろうか」「嫌になったりしないだろうか」ととても不安に感じていました。

猫を飼い始めてからのこの3ヵ月で感じているデメリットを赤裸々にご紹介したいと思います。

すべてが猫の毛だらけになる

猫の毛掃除

カーペット、洋服、ソファ、床などありとあらゆるものに猫の毛がくっつきます。しかも布製品にくっついた猫の毛はなかなか取れず、掃除機+コロコロのダブル掃除をしています。が、猫が一度でも通るとまた毛がびっしり…。ブラッシングも頻繁にするのですが、猫を飼う以上猫の毛は避けて通れません。

猫を飼うまでは猫の毛がいろんなものにつくなんで嫌だなと思っていたのですが、飼い始めると、まあ猫のために掃除するか!とやる気が出るようになりました。コロコロは紙がもったいないので、猫飼いさん必須と呼ばれる「ぱくぱくローラー」を重宝しています。繊維がほこりや毛をひっかけて集めるので、溜まったゴミを捨てれば繰り返し使えます。

家具が壊れたり汚れることがある

乗ってほしくないところには乗らず、ものを落としたり、コードを噛んだりということがないにぶでも、もちろん猫らしくやらかしたことはあります。

例えば、ビーズクッション。ビーズクッションは中にビーズがたくさん入っているため、猫がトイレの砂と間違っておしっこをしてしまったのです!しかも運悪くその日はちょうどビーズクッションがソファの上にあったため、下まで染みてソファにも染みができてしまいました。

ビーズクッションは長年使ったものだったので、それでも泣く泣く廃棄しましたが、ソファは捨てられないし洗えません。色々な方法を試みて、どうにか匂いを薄くすることに成功しました。

また、別の日には、ソファのクッション部分に猫の嘔吐物が。こちらも拭き取り、カバーを外して掃除しましたが、猫を飼うとこういうことがあります。

こだわりがあったり、高価な家具を使っている場合は、汚れたり壊れたりするかもしれないと覚悟する必要があります。また、猫を飼い始める前に壊されたくないものは片付けたり、整理整頓をしておいたほうがよいでしょう。

だからあのトイレ、堀り掘りできなかったんだね!

旅行に行く時に気を配る必要がある

猫を飼っていると毎日のご飯とトイレ掃除があります。飼っていない時のようには家を空けることが難しくなりますが、しっかりと前もって準備をすれば、できないことではありません。

1泊2日家を空けた時は、ご飯を2カ所に分けて必要分設置し、トイレもいつものトイレにプラスして、ペットシートの上に段ボール、その中に猫砂という簡易的トイレを追加しました。初めてのお泊りでの留守番はこちらも心配で、気が休まりませんでしたが、戻ってくると、ご飯はしっかり食べており、トイレもしており、元気そうで一安心。

頻繁にする予定はありませんが、1泊2日なら必要に応じて留守番させられそうです。それ以上家を空ける必要がある時は、他の人に様子を見てもらうのが無難でしょう

2泊3日なら中1日に友人に来てもらう、数回になりそうならペットシッターさんを利用する等前もってお願いできる手段を準備しておくと安心です。猫は「家につく動物」と言われるくらい環境の変化が苦手だそうなので、ペットホテルや別の家は最終手段として、なるべく家で過ごせるようにしてあげると猫も飼い主も快適かもしれませんね。

番外編 居場所が奪われる

これは冗談ですが、最近のにぶのお気に入りは私のデスクチェア。少し席を立つとすぐに奪われますが、寝ている様子がかわいくて、なかなか起こせずに自分が別の場所に移動しています。

猫を飼うことのデメリット まとめ

猫を飼ってから改めて感じているデメリットについてまとめてみました。特に、家にいないことが多い方や、家具や家にこだわりが強く汚れや壊れが絶対に嫌な方、ほこり一つ許せない綺麗好きの方等は猫を飼うとストレスが多いかもしれません。

猫も人間も快適に過ごせるのが一番なので、猫を飼う場合にはお互いに無理がなく過ごせるようデメリットについても考えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました