【ねこ初心者】猫の爪とぎを気持ちよく!爪とぎの理由と、選び方

はじめての猫の飼い方

猫の爪とぎを気持ちよく!

爪とぎの理由と、選び方

猫を飼う時に心配と言えば、爪とぎ。「壁や家具で爪とぎされて傷がついてしまった!」という声もよく聞くかもしれません。爪とぎは猫にとって本能的な行動です。今回は、猫の爪とぎの理由、爪とぎの素材や種類、選ぶ時のポイントをご紹介します。猫を飼う際には、猫が爪とぎをして良い場所で、気持ちよく爪とぎをできるように準備してあげましょう。

猫が爪とぎをするのは本能!?

猫の爪とぎは、本能的な習性で、様々な意味を持つとても大切な行動です。次のような理由で、猫は自分の爪をといでいます。

古くなった爪をはがす

野生で生きていくためには、狩りをして獲物を捕まえる必要があります。自分の武器である爪を鋭く保つために、木などにガリガリと爪とぎをして、猫の爪は層状になっているため古くなった爪をはがしていました。

家で猫を飼っているとたまに、三日月型をした固い白いものが落ちていませんか?踏んでしまって痛い思いをした方もいるはず。これも古い爪が剥がれ落ちたものです。

爪あとと匂いでマーキング

猫は従来自分の縄張りを持つ動物です。猫は自分の縄張りを決めたら、パトロールしながら、自分の縄張りである印をつけます。この行動はマーキングと呼ばれます。実は爪とぎも一種のマーキング行動なのです。爪あとで視覚的に、また肉球には「臭腺」というその猫特有の匂いが出ている部分があるため嗅覚的にも、爪とぎをすることで縄張りをアピールしています。

身体のストレッチ

爪とぎをする時に立ち上がったり、背中をそらしたりしていませんか?猫たちにとって、爪とぎは身体を伸ばす役割もあります。イライラしたり興奮した時や、寝起きに爪とぎすることで、気分転換をしているようです。

猫の爪とぎには、どんな種類があるの?

爪とぎを選ぶ時は、「素材」と「形状」で選びます。気持ちよく爪とぎが出来ないと、思わぬところで爪とぎをしてしまい、困ってしまうことも。爪とぎは比較的安価なものが多いため、飼い始めはいくつか試してみるのもお勧めです。

猫の爪とぎの素材

段ボール製

段ボール製の爪とぎ

段ボール製の爪とぎは軽く、価格が安いため、とぎ甲斐がなくなってきたら、取り換えやすいのもポイント。使い終わったら燃えるゴミとして捨てられます。

麻製

猫の爪とぎ

ポール等にぐるぐる巻かれていることが多い麻縄は、人間が触るとチクチクして痛いのですが、猫にとっては爪の引っ掛かりが良いらしく、人気です。麻独特の匂いが苦手という猫もいるようです。

木製

野生時代や外猫は木で爪をといでいたため、本来の習性に近い素材です。他の素材と比べると、若干高価ですが、耐久性が高く長く楽しめます。

猫の爪とぎの形状

縦置き自立タイプ

土台と支柱がついており、支柱部分に麻縄等、爪とぎができる素材がついています。キャットタワーの一部として組み込まれていることも多いです。後ろ脚で立ち上がり、背筋を反らせてバリバリ爪とぎがしたい猫におすすめです。猫が全体重で爪とぎしてもぐらぐらしない、安定したものを選びましょう。

縦置き立てかけタイプ

板状の爪とぎを壁などに立てかけて使うタイプです。段ボール製や木製の爪とぎが主流の素材となっています。元々壁で爪とぎをしてしまっている猫の場合は、同じ場所に爪とぎを置いてあげると、違和感なく使い始めるかもしれませんね。

横置きタイプ

床等において、その上に猫が乗りバリバリと爪とぎをする形です。ベッドやソファー、丸いサークル状になっているものもあります。爪とぎとしてだけでなく、猫が上に乗りのんびりしてくれることも多いです。

猫に爪とぎを準備する時のポイント

「せっかく買ったのに爪とぎで爪を研いでくれない!」とならないように、爪とぎを選ぶ際や設置する時のポイントをまとめました。

お気に入りの素材、形を探す

爪とぎは数百円から1000円代のものも多く、色々なものを試しやすい価格帯です。

壁や家具などで爪とぎをしてしまっている場合は、その質感が気に入っているということ。近い材質のものを、今の爪とぎの近くの場所に置き、移行させるようにしましょう。

お気に入りの昼寝スポットの近くにあると便利

寝起きでストレッチがてら爪とぎをする猫も多いようです。昼寝スポットの近くに、爪とぎができる場所があると、猫も進んで使うかもしれません。ベッドやソファ型の爪とぎでは、上にのったまま寝て、起きたら爪とぎができるので、一石二鳥ですね。

またたびを少し振りかける

そもそも爪とぎの存在に気付いてくれない、興味を持ってくれない時には、少しだけまたたびの力を借りてみましょう。猫が興味を持って近づいてきたら、軽く手をもって爪で爪とぎに触れさせて爪とぎを認識させます。爪とぎによっては、購入時にまたたびパウダーも一緒についてくることがあるようです。

猫の困った爪とぎ対策

賃貸アパートの壁やお気に入りの家具等、爪とぎをしてほしくない場所もありますよね。でも猫にとって、そんなことはお構いなし。そんな時は、飼い主がしっかりと対策をすることが大切です。

保護シートや爪とぎシートを使う

壁紙の上から貼ってはがせる保護シートは、原状復帰が必要な賃貸物件にはぴったりです。表面がつるつるして爪が引っかからないため、壁で爪とぎができなくなります。また家具の脚に巻き付けて使うシートタイプの爪とぎもあるため、家具での爪とぎに困っている場合は、これを試してみるのも良いでしょう。

柑橘類の匂いをつける

猫は柑橘類の匂いが苦手なので、どうしても触らないでほしいものにはスプレーしておくとよいかもしれません。但し、猫はとても鼻が良く、猫の嫌な臭いをまき散らしておくと、ストレスになりかねませんので、使う場所や範囲には注意しましょう。

壁や家具での爪とぎをやめさせるには、必ず別の爪とぎ場所が必要です。爪とぎをした時に大声で注意したり、叩いたりしても、猫には何が悪かったのか分かりません。爪とぎをしてほしくないところへの対策と、爪とぎをしてほしいところで猫が気持ちよく爪とぎができる準備をしてから、猫を慣らして移行させるようにしましょう。

猫の爪とぎを気持ちよく!爪とぎの理由と、選び方  まとめ

猫にとっては必須、飼い主にとっては悩みの種になりうる猫の爪とぎ。猫がリズミカルにバリバリと爪を研いでいる姿は一生懸命で、可愛いです。猫の爪とぎは本能的な行動なので、飼い主側がしっかり準備してあげたいところ。壁や家具に傷がついて手遅れになる前に、前もって対策をしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました