【ねこ初心者】猫のマイクロチップは必要?装着方法と費用

はじめての猫の飼い方

猫のマイクロチップは必要?装着方法と費用

言葉を話せない猫たちの身分証明として考えられるのが「マイクロチップ」。今後装着が義務化されるマイクロチップについて、耳にしたことはある方も多いのではないでしょうか。今回は、マイクロチップってそもそも何?どうして必要なの?マイクロチップの装着方法と、装着にかかる費用など気になるポイントをまとめました。マイクロチップの装着を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

マイクロチップって何?

マイクロチップは直径2mm、長さ8~12mmの円筒形の小さなチップで、世界で唯一の15桁の数字が記録されています。そのチップを専用のリーダーで読み取ることで、データベースに登録されている飼い主の情報と照合することができます。突然の迷子、災害、盗難、事故等で飼い主と離れ離れになってしまった時の猫の身元証明になります。電池等は不要で半永久的に使用が可能です。

日本でのペットへのマイクロチップの装着が義務化へ

現在の「動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)」では、犬や猫などの動物の所有者は、自分の所有であることを明らかにするために、マイクロチップの装着等の所有明示を行うべき旨が定められています。また、2019年6月に「犬猫のマイクロチップ義務化」を含む改正動物愛護法が公布され、マイクロチップ義務化については交付から3年以内、つまり2022年の6月までに施行される予定です。

いま飼っている猫にもマイクロチップの装着が必須?

現在飼っている猫へのマイクロチップの装着は義務ではありませんが、努力義務として推奨されることになります。また拾ったり人から譲り受けた場合でもマイクロチップの装着は努力義務です。既にマイクロチップが装着されている猫を拾ったり、譲り受けたりした場合は、登録情報の変更が義務づけられていますので、変更手続きを忘れずに行いましょう。

ちなみに、今回の法改正により、ペットショップや猫を直接販売するブリーダーなどの猫の販売業者へはマイクロチップ装着、情報登録が義務となります。つまり遅くとも2022年6月以降に販売される猫にはすべてマイクロチップが装着されることになります。もしマイクロチップを装着していない猫を販売している業者は違法になりますので注意しましょう。

マイクロチップの装着方法と費用

マイクロチップの装着方法

1. 動物病院でマイクロチップを挿入、登録書類をもらう

マイクロチップの装着は獣医療行為にあたるため、動物病院で獣医さんが行います。通常の注射針より太い専用の注入器でマイクロチップを埋め込みます。装着後、マイクロチップが入ったかを専用のリーダーで確認して終わりです。

マイクロチップは、猫の場合、首の後ろの皮下に埋め込むことが一般的です。 装着の瞬間はさすがに針が刺さるため、猫も「ぎゃっ!」と反応しますが、本当に一瞬で終わりました。

動物病院から、動物情報(名前、性別、動物種、種類と毛色等)や動物病院の情報等の獣医師記入欄を書き込んだ登録申込用紙をもらいます。

費用は数千円程度が相場です。にぶの場合は、マイクロチップ装着費用として3000円かかりました。

2. 郵便局で登録費用を振り込み、登録申込書を記入・郵送

登録申込用紙に添付の振込用紙を使い、郵便局で登録料1050円を支払い、その受領書を録申込書に貼り付けます

その登録申込書に、飼育者(登録申し込み者)情報として、氏名、住所、電話番号、緊急連絡先、メールアドレスを記入し、 右上に「日本獣医師会送付用」と書かれた用紙を申込書専用の封筒に入れて郵送します。登録用紙は複写式になっていますので、飼育者控え分は保管してください。

3. 3日~1週間後、マイクロチップが外れてないか確認

私がお世話になっている動物病院では、挿入後、外れたり位置がずれてしまっていないか確認するために、3日~1週間後に来院するよう言われました。もう一度専用のリーダーで読み取ります。リーダーでは15桁の固有番号の読み取りを確認するだけなので、この時までに情報登録は完了していなくても大丈夫です。

4. マイクロチップデータ登録完了通知のハガキが届き、登録完了!

郵送から2~3週間で、データの登録が完了します。今後の住所や連絡先の変更には、このハガキが必要になるので、大切に保管しましょう。

マイクロチップを埋め込む場所

猫の場合は、首の後ろの皮下に埋め込むことが一般的です。(画像の赤丸あたり)

まれに体内で移動してしまうことがあるようですが、筋肉組織に入っていってしまうのではなく、皮下内での移動なので、読み取りには問題ないようです。

マイクロチップ装着にかかる費用

動物病院でのマイクロチップ挿入にかかる費用が数千円と、飼育者情報の登録料として1050円を日本獣医師会に郵便局から振り込みます。

猫にマイクロチップを装着することのメリット

飼っている猫にマイクロチップを埋め込むことで、災害時や脱走等で飼い主と離れてしまった場合でも猫の身元確認ができ、飼い主のもとにも取れる可能性が高まるというメリットがあります。保護された際に猫の身元が判明することで、引き取り手のない猫として殺処分にあってしまうリスクも軽減されます。

猫に装着されるマイクロチップの場合は、首輪や名札のように外れて落ちてしまう心配が少ないため、より確実な身元証明として世界中で使われています。

猫のマイクロチップ装着の注意点

迷子になった際の身元証明として役に立つマイクロチップですが、以下のような点には注意が必要です。

  • マイクロチップは目に見えないため、見た目では飼い猫か野良猫か分からない
  • マイクロチップの読み取りは動物病院や警察署 、動物愛護センターなどにある専用リーダーでのみ可能
  • GPS機能はないため、盗難防止、迷子発見には使えない

マイクロチップを付けたからと言って、室内飼育の場合は外に脱走させないように油断しないようにしましょう。

マイクロチップ装着の安全性は?事故やトラブルは?

メリットがある一方、実際に猫の体にマイクロチップを装着するとなると、本当に安全なのだろうか?悪い影響がないだろうか?と心配になりますよね。

日本獣医師会によると、マイクロチップは体内に装着しても副作用等が起きないよう、外部を生体適合性の高いガラスもしくはポリマーで密閉されているそうです。生体適合性が高いということは、異物反応を引き起こす可能性が低いという素材です。マイクロチップの副作用、ショック症状について報告は寄せられておらず、既にマイクロチップ装着が義務化され普及されている諸外国の例においても、ほとんど症例がないそうです。

ですが、日本での猫へのマイクロチップ装着率は20%以下に留まっているというアンケート結果もあるので、これから装着数の増加に伴って、どのような影響があるかは注視したいところです。

参考:マイクロチップに関するアンケート結果 SBIいきいき少短

猫のマイクロチップは必要?装着方法と費用 まとめ

猫の身元証明の手段として、今後義務化されるマイクロチップの装着。猫の体内にマイクロチップを入れることへの心配や不安、抵抗がある一方、離れ離れになってしまった万が一の備えとしてマイクロチップは役に立ちます。現在猫を飼っている方は努力義務となりますが、メリット、デメリットを確認したうえで検討し、納得のうえで判断してほしいと思います。

タイトルとURLをコピーしました