【ねこ初心者】猫用トイレの掃除って面倒くさい?手順や頻度をご紹介

はじめての猫の飼い方

猫用トイレの掃除って面倒くさい?

手順や頻度をご紹介

猫を飼い始めたら避けては通れない、猫トイレの掃除!システムトイレを使えば、実は思ったよりも時間も手間もかかりません。

今回は猫のシステムトイレの掃除方法、頻度をご紹介します。

猫用トイレの設置場所や匂い対策については、こちらの記事もご覧ください!

猫用のシステムトイレってなに?

綺麗な猫砂トイレ

猫のトイレにも種類が色々ありますが、システムトイレと呼ばれるタイプのトイレは、猫が入っておしっこやうんちをする場所は底がすのこ状になっており、すのこの上に固まらない猫砂、すのこの下にトイレシートを設置して使います。

システムトイレで猫がおしっこをすると猫砂を通過して、すのこ下のトイレシートに吸収される仕組みです。固まらない砂なのでおしっこのかかった部分の猫砂は崩れて、下のトイレシートの上に落ちます。

うんちの場合は、すのこの上に残るため、システムトイレに付属で付いてくるスコップで拾って取り除きます。スコップも隙間が空いているので、うんちをすくって左右にフルフルと振ると、うんちだけがスコップに残り猫砂は隙間から落ちてシステムトイレに戻るので、猫砂の節約にもなります。

猫のシステムトイレの掃除方法と頻度

システムトイレは掃除の手間が少ないため、飼い主さんにも人気です。

普段の掃除

システムトイレの場合、うんちはその都度気づいた時にスコップですくって片付けます。うちでは、「うんちが臭わない袋」という小さい袋に入れて捨てています。多少の猫砂は一緒にすくってしまうので、スコップ半分くらいの新しい猫砂を足しておきます。

おしっこを吸収するトイレシートは、1週間に1~2度取り換えます。週末のトイレ丸洗いの日に変えることが多いですが、水曜日あたりに一度確認して、崩れた猫砂が多かったり、すでにおしっこをたくさん吸収している場合には変えることもあります。

どちらの場合も、掃除にかかる時間は3分程度です。

週に1度の丸洗い

週末に1度、システムトイレの丸洗いと、猫砂、トイレシートの総取り換えをしています。丸洗いの掃除にかかる時間は、洗い終わってからの乾かす時間を省けば大体15~20分程度です。

猫のシステムトイレの洗い方

1. トイレのすのこの上の猫砂を捨てる

汚れた状態の猫砂トイレ

1週間使って汚れた猫砂を捨てます。この時、柔らかくほぐれた猫砂がすのこを持ち上げた振動で崩れることがあるので、下に敷いたトイレシートより先にすのこの上の猫砂を掃除するのがおすすめです。大きな袋にすのこごと入れてから、猫砂を捨てると周りに飛び散らずに捨てることができます。

2. トレイからトイレシートを捨てる

汚れた猫トイレシート

うちでは、木製のペレットタイプの崩れる猫砂を使っているので、トイレシートの上に茶色い粉がたくさんのっています。こちらも、シートを捨てる時は粉が飛び散らないように注意しながら捨てます。

にぶ
にぶ

トイレの入り口近くがお気に入りのスポットです

3. お風呂場や庭等で丸洗い

猫砂、トイレシートを捨てたら、システムトイレをお風呂場や庭など洗える場所に持っていきます。うちは賃貸アパートなので、お風呂場で洗っています。

汚れ落ちを良くするために、すこし熱めのお湯を使っています。プラスチック製なので、消毒のためといって熱湯を使うことは避けましょう。直接うんちやおしっこが触れる「すのことトイレシートトレイ」と、直接は触れていない「ドームカバーとトレイケース」にわけて洗います。

・すのこ、トイレシートトレイ

猫トイレ掃除手順

・システムトイレのドームカバー、トイレシートをのせるトレイのケース

猫トイレ掃除手順

全てのパーツをお湯で軽く洗い流したあと、すのことトイレシートトレイは重曹を溶かしたお湯につけ置きしておきます。システムトイレのメーカーにもよるのかもしれませんが、うちで使っているものはトレイの上にすのこを置くと、ぴったりつけ置きができるサイズ感となっていますので、重ねてお湯につけておきます。

つけ置き洗い中の猫トイレ

その間に、トイレのカバーと、トレイのケースを重曹をお湯で溶かしながらスポンジで洗い、お湯で洗い流します。その後、つけ置きしておいたすのことトレイも同様に洗います。

うちでは、重曹があったので重曹を使っていますが、アルカリ性であるおしっこの匂い取りにはクエン酸がいいようなので、近いうちにクエン酸に変えようと思ってます。

クエン酸の場合も同様に、トレイとすのこをつけ置きして、その後洗い流すようにすれば大丈夫のようです。

4. 天気が良ければ天日干し、悪ければ浴室乾燥

綺麗に洗われた猫トイレ

全て洗い終えたら猫トイレ用のタオルで水気を拭き取り、晴れていれば天日干し、天気が良くなければ浴室乾燥を使って乾かします。

5. 綺麗なトイレと猫砂で、猫も人も幸せ!

綺麗な猫トイレシート

システムトイレが乾いたら、掃除完了です!新しいトイレシートと猫砂をセットします。この時も、先に上のすのこに猫砂を入れてしまうと、細かい猫砂がせっかく綺麗にしたトレイに落ちてしまうので、必ず下のトレイにトイレシートを敷いてから上のすのこに猫砂を入れるようにしましょう。猫のトイレが綺麗になって、人間も猫もすっきりです!

掃除中の猫のトイレはどうしてる?

猫のトイレを掃除する時は、乾かしている時間猫のトイレがないことになります。代わりのトイレを準備するという方法もありますが、掃除のたびに代わりのトイレを準備するのは、手間もかかり保管する場所も必要です。

うちでは、朝ご飯を食べ終わってトイレに行くことが多いので、そのあと寝たりゴロゴロしだすのを待ってから猫のトイレ掃除を始めます。乾かしている間に、猫がトイレ付近に近付いてきたら、乾燥を早めに切り上げて、猫トイレ用のタオルでもう一度しっかり拭きあげてから猫砂とトイレシートをセットしています。

猫のトイレ掃除 注意点

猫のトイレを掃除する時には、香りが強い人間用の中性洗剤や柑橘系の匂いのする洗剤は避けた方が無難です。猫は嗅覚が優れていますので、嫌なにおいがするトイレでは用を足さなくなるかもしれません。

代わりのトイレがなく、トイレを乾かしたまま長時間の外出をする等は、猫が思わぬところで粗相をする原因となるので、なるべく早くトイレを戻してあげましょう

また、猫の排せつ物を通して猫から人に移る感染症にも念のため注意しましょう。

感染症の一つとしてトキソプラズマ症という原虫が原因の感染症がありますが、猫の排せつ物に含まれるトキソプラズマがなんらかの原因で人間の口に入り感染することがあります。一般的には無症状ですが、妊婦さんに感染すると胎児にも影響が出る可能性があります。

猫を外に出さないこと、猫のトイレ掃除中はマスクをしたり、掃除後はしっかりと手を洗うこと、妊娠中の猫のトイレ掃除を避けるようにしましょう。

猫用システムトイレの掃除手順や頻度 まとめ

猫のシステムトイレ掃除にかかる時間は、1週間で換算しても1時間もかかりません。猫はきれい好きですから、汚れたトイレではなかなかおしっこやうんちをしたがらなかったり、ストレスになってしまうことも。汚れや匂いがあるトイレは、人間にとってもストレスです。ぜひ定期的にスッキリ掃除をしてあげましょう!

タイトルとURLをコピーしました